いろいろ新しくなりました

こんにちは、お久しぶりの更新です。 NUUMA GAMESは6月あたりから1か月ほど非公開になっていました。

ずっとコンテンツを更新していなかったしアクセス数も落ち着いていたので、静的サイトへの移行を考えていました。そして考えているうちにサーバーの契約更新日が迫ってきて、あわてて作業を始めました。

ゲームエンジンの変更

まず、既存のゲーム2つをPhaserというゲームエンジンで作り直しました。

Google Analyticsのレポートによると、NUUMA GAMESにアクセスしたユーザーのうち、50%近くがInternet Explorer(Edgeを含む)を使用しています。脱出ゲームユーザーのIE率恐るべし。

これまで使用していたティラノスクリプトはGoogle Chromeで遊んでもらうことが前提だったので、脱出ゲームユーザーのプレイ環境とゲームエンジンの推奨環境にずれがある状態でした。

ティラノスクリプトはゲーム上のオブジェクトをDOM操作で表現しますが、Phaserはcanvas/webglで描画します。今回作り直したゲームはcanvasを使うように設定しています。これによってcanvasをサポートしているブラウザであればIEでもChromeでも、ほぼ同じように遊べるようになりました。

とても小さいけどゲームを2つ完成させて公開できたのは、ティラノスクリプトのおかげです。今後、ブラウザで遊ぶテキストベースのゲームを作るときにはティラノスクリプトを使います。

現在、ティラノスクリプトではTyranoGameFes2017が開催中です。 すでにたくさんの参加作品が公開されています。読み物ゲームもお好きという方はぜひアクセスしてみてください。

GravからHugoへ

データベースのことを考えなくていいGravは好きですが、PHPが使えないサーバーに移行するため、Go言語製の静的サイトジェネレータHugoに切り替えました。

選択肢が多い中、ビルドが爆速らしいという理由で選びました。ほかのものを使ったことがないのと、まだページ数が少ないので爆速かどうかはよく分かりません。

作業を始めたとき何も考えずにサーバー上のファイルを全消去しましたが、Gravの管理パネルから何度かバックアップを取っていたので事なきを得ました。

Hugoではブロックテンプレートやshortcodesが使えて、サーバーを立ち上げてローカルでチェックもできます。こういうツールがあれば静的サイトの管理もそれほど大変ではないのかもしれません。テンプレートはドットインストールさんを見ながら作っています。

まだしばらく表示が崩れたりするかもしれませんが、あたらしいNUUMA GAMESもよろしくおねがいします。 今年もゲームを作って公開したい。したい。するぞ。